大腸がんは早期の発見が大切です~ササッと早期発見~

医者

大腸に出来るがんとは

男性

主な自覚症状

最近、排便に変化が感じられるようになったとか、お腹が張るようになったと感じることはありませんか。そのような状態が長く続くような場合は、大腸がんの疑いがありますので、病院で検査を受けるのをお勧めします。病院はできれば消化器系の診療科、もしない場合は内科を受診するようにしましょう。この大腸がんは主にポリープや、粘膜からがんが生じて起こることが多いです。排便に見られる変化としては血便や下血などがあり、また下痢と便秘を交互に繰り返すこともあります。お腹が張る場合はしこりを触れたり、腹痛が起きたりもします。その他には嘔吐や貧血が起きたり、またがんに顕著な症状として、体重が落ちたりすることもあります。また血便の場合は痔と間違いやすいので、一度肛門科を受診し、痔の症状がないのに出血がある時は、大腸がんの確率が高くなります。

集団検診と治療方法

大腸がんはごく早期である場合は、自覚症状はほとんどありません。ですから、できれば自治体の大腸がん検診を受ける、あるいは人間ドックに申し込むなどして、早めに発見した方がいいのです。検診はまず問診が行われ、そして便潜血検査が行われます。特に自治体の検診は、自己負担額が1000円程度ですので、40代に入ったら年に1度は検診を受けるようにしましょう。それから、もし大腸がんであることがわかった場合の治療方法ですが、ステージによって異なって来ます。軽症のうちは内視鏡手術によって患部の切除を行いますが、病状が進むにつれて普通の手術、そして制がん剤を使った化学療法や放射線治療が行われます。また病状によっては、これらのうちの複数の方法、たとえば手術と化学療法を組み合わせた治療となることもあります。

病の悩みを解決

看護師

横浜クリニックはWEBで問診も出来て、心のケアにもなるものです。そのため、時間がなくても出来る事からも信用性が高く、諦めない治療を心掛けている横浜クリニックは非常に利用しがいのあるものなので、安全性も十分です。

Read More...

ホルモン分泌と病気の関係

病院

甲状腺は、新陳代謝を促し免疫力を向上させるためのホルモンを分泌する臓器です。甲状腺の機能が正常に働かなくなるとホルモンの分泌量に変化が起きてきます。ホルモンの分泌量の増減によって引き起こされる病気としてバセドウ病や橋本病があります。首の腫れなどがある場合は、内科などに相談してみることをお勧めします。

Read More...

増加から見る大腸のがん

笑顔

直腸がんは大腸がんの一種ですが、肛門付近にできることから症状に気づきやすいところがあります。血便や便秘などの症状があり、健康診断の検査で発見されることも少なくありません。増加が目立つ直腸がんは、食生活の変化から誰にでも起こり得る病気でもあるので、積極的な検査が予防を高めていきます。

Read More...